はんぺんの雑記帳

好きなことを掘り下げます。

一重がコンプレックスのひとへ【NG行為とやるべきこと】

こんにちは、ぱっちり一重のはんぺん(@hanpen_005)です。

f:id:hanpen_005:20170221172902j:plain

目のコンプレックスがあると自分に自信が持てないですよね。

今回はNG行為とやるべきことを紹介していきます。

 

 はじめに

私は思春期のころ自分のから自分の容姿にコンプレックスを持ち始めました。

なかでも一番気にしていたのが重いまぶたの一重。

一重だと自分の想像している表情と違う表情になってしまっていることがあるんですよね。

例えば昔私が実際に経験したことは

  • 普通にしているつもりで目つきが悪いと言われる
  • 近寄りがたいオーラが出ていると言われる
  • 写真写りが悪すぎて絶望する
  • 笑うと目がタケシみたいになっているf:id:hanpen_005:20170221161531j:plain(引用:ポケットモンスター
  • 好きな人に顔を見られるのがイヤ

小学生の頃なんてデリカシーのないことも言われますから、どんどん自信を失ってしまいました。

中学生の時は特に人と目を合わせるのが嫌いで、ネットやSNSではおしゃべりなのにリアルではコミュニケーションできなくなっていました。

同じ思いをしてほしくないから絶対二重の人と結婚する!と思ってたくらいです。

今では試したことが功を奏してある程度まで自信を取り戻し、恋人ともなんとかやっています。

 

ここからは実際に私がやってしまっていたNG行為とやったほうが良いことについて紹介していきます。

やってはいけないこと

前髪で隠す

目が小さいことを気にしてやってしまっていたのが「前髪を伸ばす」ことでした。

より近寄りがたい雰囲気になって悪目立ちします。

オシャレやこだわりでするのは全く構いません。

でも目がコンプレックスで、隠すつもりで目のギリギリまで伸ばしたり、ほとんど隠しているならやめたほうがいいです。

私は隠そうとすれば隠そうとするほど逆に変に目立ってしまい、より隠したくなる負のループに陥りました。

信頼できる美容師さんにまかせて一度切ってみると発見があるかもしれません。

 

上目遣い

上目遣いのやり方には注意が必要です。

やり方を間違えるとオトしたい男の子をドン引きさせてしまうことになりかねません。

二重の人が普通に上目遣いをするとこうなります。

f:id:hanpen_005:20170221161532j:plain

瞳に沢山光が落ちてとっても可愛くなります。

これが理想です。

一重の人が普通に上目遣いをするとこうなります。

f:id:hanpen_005:20170221161533j:plain

一重のひとならわかると思うのですがあえて説明しておくと「ガンつけてる」状態になります。

自分にも可愛いと思ってやってる時期がありました。

早いうちに睨んでることに気づいてよかった・・・。

はじめから自分のしてる表情くらいわかるんじゃ?

そう思われる人は多いかもしれませんね。

これは持論ですが鏡で表情の練習をしてる人以外は気づかないと思います。

相手の男の子が逃げる前に直しましょう。

 

やったほうが良いこと

上のNG行為を踏まえてやるべきことは「思った通りの表情が作れるようにすること」そしてそれによって「自信をつけること」です。

写真もきちんと表情をコントロールすればある程度マシになりますし、上目遣いで事故を起こすこともなくなります。

ここから具体的な方法について説明します。

まぶたのトレーニング

顔の表情をうまく作るために、トレーニングは必須です。

特に目を気にするひとなら「二重に生まれたかった」と嘆く前にまぶたを鍛えましょう。

私の場合難しいことをするよりとにかく毎日やったほうが良いと思ったのですごく簡単なトレーニングだけ行っています。

やり方は

  1. ギュッと目をつぶる(2秒)
  2. カッと開くところまで一気に目を開く(2秒)
  3. ゆるめる

これを一日10回やります。

やれる人は様々なトレーニングをしたら効果が出るのが早いかもしれません。

でもこれでも十分表情に違いが出ます。

笑顔の練習

まぶただけでなく顔全体も鍛えておくのがいいです。

私にはものすごく可愛い妹(ぱっちり二重)がいるのですが、「ひたすら笑顔を練習しろ」と言われました。

「私だって毎日鏡とにらめっこして今の笑顔を練習したよ。」と。

先生(妹)はカメラの前でも「アイドルかっ」とツッコまれるような完璧な笑顔だったのでこれはやるっきゃない!と頑張りました。

先生のやり方

  1. 素敵だなと思う笑顔を見つける
  2. それを鏡の前で真似する
  3. その顔をしばらくキープ(静止)

これでその顔を即座にできるように練習するそう。

わたしもこのやり方でしばらく練習し、今も家の鏡を見たらとりあえず笑顔キープをしています。

ずっと苦手だったコミュニケーションの中で自然に笑顔が出てくるようになって、「今自分はこの顔をしているな」ということが分かるようになりました。

ニコニコしていると相手もニコニコしてくれてとてもスムーズに会話できるようになりました。

顔のマッサージ

前記のことと並行してまぶた・顔全体をマッサージしておくと表情が柔らかくなります。

目の周りは皮膚が薄いので、クリームなどを使ってこすりすぎないように注意。

 

二重になって可愛くなる?

最終的に「二重にならなきゃ可愛くないよ…。」と自分を否定することが一番自分を可愛くなくしていることに気づきました。

 

私も「二重になれさえすれば」と、「クセ付け」「アイプチ」「アイテープ」などいろいろ試しました。それで自信が持てるのはとても良いことだと思います。私はそれでうまく二重にはなれませんでしたが…。

整形だって、本人がやりたいならやったほうがその後の人生をより楽しめると思います。

でもそれを始めてモテ始めた!というならきっと原因は二重になったことじゃなくて、それで自信がついたからなんじゃないかなと個人的には思っています。

 

だから目にコンプレックスを持っている人は、自信を持って下さい。

と急に言われても難しいと思うので、まずは嘘だと思って自分の顔を鍛えてみて下さい。効果はやってみたらわかると思います。

 

私みたいに一重に悩みすぎている人が少しでも減ればいいな。

以上、はんぺんでした!

 

 

 

 

 

広告を非表示にする